HOME >  ご採用事例/実績 >  コージェネレーション >  オイレス工業株式会社 足利工場さま

ご採用事例/実績

コージェネレーション

コージェネシステム・ガス冷暖房システムの導入

オイレス工業株式会社 足利工場さま

オイレス工業株式会社 足利工場さま

導入時期:2014年9月

BCP対応としてコージェネレーションを導入し、発電時の排熱はガス冷暖房システムにて有効利用されております。

お客さまのご紹介

『オイルレスベアリングの総合メーカーとして世界のリーダーとなり、技術で社会に貢献する』ことを経営理念とされております。

オイルレスベアリングは無給油すべり軸受と訳され、無給油あるいは給油量、給油回数を少なくすることができる環境に優しいすべり軸受です。その用途と応用範囲は自動車、鉄道車両、発電機、OA機器をはじめ各種産業機械から、ダム、長大橋などの長期間メンテナンスフリーで使用されている分野、過酷な環境下でも高性能が要求される製鉄所/海洋開発などの分野まで幅広く活用され、機械装置・構造機器の長寿命化、省力化、低公害化の実現に大きく貢献しています。

足利工場さまでは、オイルレスベアリングの長年にわたる研究開発で培ったトライボロジー(摩擦・摩耗・潤滑)技術をもとにして、人命、社会的財産や都市機能などを地震から守る、免震・制震装置の開発・製作を行っており、橋梁や大型建物、戸建住宅など幅広い建築物で利用されています。

ご採用の経緯・課題

オイレス工業さまでは、BCP(地震などの災害が発生し被害を受けたとしても、早期に事業再開や復旧が可能となるように、平常時に行うべき活動や緊急時の対応を準備して決めておく計画)の対応として、全工場への発電機を設置を計画されておりました。
また足利工場さまでは、老朽化した空調設備の更新もご検討されておりました。

ご採用のシステム

発電設備としてガスエンジンコージェネレーションを導入し、発電時に発生する排熱はジェネリンク(ガス冷暖房システム)にて有効利用しております。

導入設備

・ガスエンジン 930kW
・ジェネリンク 180冷凍トン
・ファンコイルユニット 29kW×11台/14.5kW×3台

補助金制度

・分散型電源導入促進事業費補助金(うちコージェネレーション推進事業)

導入後のメリット

コージェネレーションで発電を行うことによって電力デマンドの削減が可能となり、エネルギーコストの削減につながりました。また特別高圧受電を回避することで、受電設備の費用やスペースを削減することができました。
コージェネレーションの排熱はジェネリンク(ガス冷暖房システム)で利用しており、エネルギーを有効利用しております。

お客さまの声

ガスエンジンコージェネレーションの導入により電力を確保してBCP対応を達成するとともに、工場の空調設備を更新することができました。発電時の排熱を有効利用するで工場全体でのエネルギー有効利用につながり、環境負荷の低減に貢献しております。

足利工場の周辺では初めてのコージェネレーション導入となり、お客さまをはじめ近隣の自治体様、企業様など多くの方々にご見学いただいております。

ページトップへもどる

ご採用事例/実績

エネルギー簡易診断 エネルギー用語辞典 ワンストップサービス
お問い合わせはお気軽に お電話・FAXでのお問い合わせ TEL06-6205-3501 FAX06-6205-3502 メールでのお問い合わせ お問い合わせフォーム