HOME >  採用情報 >  新卒採用 >  新時代を拓く先輩たち >  阪口 信一

新卒採用

新時代を拓く先輩たち

阪口 信一

2014年入社

さかぐち しんいち

阪口 信一

熱供給事業部 OICエネルギーセンター

成長性と公益性に惹かれた、地域冷暖房という事業

阪口 信一

前職では設備管理の仕事、具体的にはオペレーションや設備の稼働状況の把握と報告、修繕計画の作成などをしていましたが、もとは文系、しかも哲学専攻出身という、理系出身者が多いOGCTSでは非常に珍しいタイプです。
前職の経験に加え、個人的に政治や歴史、環境といった分野に関心があり、中でもエネルギー問題には非常に注目していました。
OGCTSの求人に応募したのは、そんな経緯があったからです。
面接では所属予定部署が熱供給事業部で、事業内容が地域冷暖房の操業管理と伺いました。
地域冷暖房は省エネ・省CO2問題を解決する手段の一つになることから、今後更に必要とされる事業だと感じたこと、そして事業の公益性にも魅力を感じたことから、この会社で働きたいと思い、入社を決意しました。

お客さまとのwin-winの関係を目指す、新事業への挑戦

阪口 信一

私は当社の事業の一つであるエネルギーサービス設備のオペレーション&メンテナンス(以下O&M)を担当すべく入社しました。入社後すぐに取り組んでいるこの事業は、完成すれば今後OGCTSが推進しようとしている「ユーティリティエージェント事業」の礎となる、重大なプロジェクトです。現在は、来年から操業を始めるべく、準備に勤しんでいます。
このO&M事業は新事業であるため、レールを敷くところから始めなければならず、試行錯誤しています。ですが、入社して間もない私に、チャレンジングな機会を与え、支えてくれる周りの方の期待に応えるため、そして何よりお客さまとのwin-winな関係の構築というゴールを目指し、社内外の打合せに出来る限り参加するなど、日々努力しています。
この過程で得られるさまざまな知識や情報が、私をエネルギーサービスプロバイダーとして向上させてくれると確信しています。

妥協を許さない、プロの姿

阪口 信一

私の感じるOGCTSらしさとは、一言でいうと「プロである」というところです。
メーカーの担当者の方に匹敵する、もしくはそれ以上の知見でプロジェクトをけん引する、そんな場面を入社してから何度も目にしました。そして、どんなに忙しくても、疲れているのではないだろうかというときでも、必要なことには決して手を抜きません。
そんな先輩方の姿は「プロ」という言葉がピッタリだと思います。
でも、キリのいいところで仕事を切り上げる、そんなメリハリもあります。
私もそんな姿を見習って、事業の発展に寄与できるよう、自分自身のレベルを高めていきたいと思います。

ページトップへもどる

採用情報

会社紹介ムービー

会社紹介ムービー

マイナビ2020