HOME >  商品 >  工業炉・バーナ >  ガス流動層焙煎器

商品

工業炉・バーナ

ガス流動層焙煎器

安定した生産と省エネを同時に実現

ナッツ類・大豆・ゴマ・麦・米などさまざまな処理物の焙煎に適用できます。

仕組み

層状の処理物の下から熱風を吹き込むと処理物は浮き上がり、沸騰しているお湯のように自由に動き始めます。この状態を流動化といい、この粒子層を流動層といいます。 この原理を利用したのがガス流動層焙煎装置です。 扁平型以外の処理物は全て焙煎することができます。
仕組み

メリット

  • 煎りムラがなく、品質が向上します。

    流動層加熱のため、熱風と処理物がムラなく接触し、品質の均一化と向上が図れます。 またガスのクリーンな熱風で直接加熱するため効率的で、不純物が入らず衛生的です。
    煎りムラがなく、品質が向上します。
  • 生産性が向上、省エネを実現します。

    揺動式・回転円筒式に比べて焙煎時間が短くなり、生産性の向上・省エネにもつながります。


    生産性が向上、省エネを実現します。
  • 手間がかからない全自動式です。

    処理物により焙煎温度・時間の設定を変えるだけで、処理物の投入から取り出しまで全自動です。 熟練作業者でなくとも焙煎することができます。
    手間がかからない全自動式です。
  • 作業環境の改善に寄与します。

    密閉構造のため粉塵・煙などを室内に排出しませんので、作業場を清潔に保てます。


    作業環境の改善に寄与します。

トータルのご提案

前処理設備から後処理設備まで、一連の焙煎ラインをトータルでご提案します。 焙煎装置本体のほかに、お客さまのご要望にマッチした前処理・後処理設備(輸送コンベアも含みます)もご提案します。

■小麦焙煎処理設備(例)

小麦焙煎処理設備(例)

ページトップへもどる

工業炉・バーナ

ソリューション別で探す

業種別で探す

エネルギー簡易診断 エネルギー用語辞典 ワンストップサービス