HOME >  サービス >  熱供給事業 >  千里中央地区

サービス

熱供給事業

千里中央地区

ニュータウン開発|天然ガスコージェネレーション

日本初の地域熱供給

千里中央地区

開発計画概要

千里中央地区は大阪万国博覧会にあわせて開発された、大阪府による千里ニュータウン計画の中核都市施設として開発されてきました。北大阪急行のターミナル・千里中央駅周辺に公共施設・商業施設・ホテルなどが整備されました。その後、コンピューターセンター・サイエンスセンターの建設や大阪モノレールの開通など関西の新都心として重要な位置を占めています。

システム概要

1970年、日本で初めての地域冷暖房地区として事業スタートしました。1986年にはガスタービンコージェネレーションをいち早く導入し、その後も省エネ推進に取り組んでいます。

コンピューターセンターやホテルなど千里中央地区では24時間の安定した熱供給が求められるため、二重効用型蒸気吸収冷凍機・復水タービン駆動ターボ冷凍機などを多様なシステムを採用しています。
また、コ-ジェネレーションや熱源設備の最適運転管理を追求し、エネルギーの有効利用を進めています。
2000年にはISO14001の認証を取得しました。

(1)プラント (2)サブプラント (3)りそな銀行千里センター (4)住商ビル (5)三井住友海上 (6)三井住友信託銀行千里ビル (7)三菱UFJ信託銀行 (8)大正製薬 (9)日経千里ビル (10)損保ジャパン日本興亜千里ビル (11)信用保証ビル (12)豊中市千里文化センター (13)せんちゅうパル専門店街 (14)千里ライフサイエンスセンター (15)阪急千里中央ビル (16)メゾン千里 (17)大丸ピーコック (18)千里阪急百貨店 (19)よみうり文化センター (20)セルシー (21)大阪モノレール千里中央ビル (22)千里朝日阪急ビル (23)千里阪急ホテル (24)ヤマダ電機 (25)SHIP千里ビル
事業許可 1972年12月25日
供給許可 1970年2月15日
供給区域 大阪府豊中市新千里西町一丁目ほか
区域面積 300,000m² 2013年3月31日現在
延床面積 637,141m² 2013年3月31日現在

ページトップへもどる

熱供給事業

ソリューション別で探す

業種別で探す

エネルギー簡易診断 エネルギー用語辞典 ワンストップサービス