HOME >  サービス >  熱供給事業 >  岩崎橋地区

サービス

熱供給事業

岩崎橋地区

複合ビル群開発|天然ガスコージェネレーション+特定電気事業

供給電力 8,000kW

岩崎橋地区

開発計画概要

大阪ドームシティは、関西初の多目的ドームである大阪ドームの建設とあわせて大阪西部の新都心として開発整備されました。 国際都市大阪をアピールするための新しい中核施設にエネルギー有効利用の熱供給事業を行っています。

システム概要

岩崎エネルギーセンターのコージェネレーションから一部の建物を対象に特定供給を行っており、その排熱と大阪ドーム所有のコージェネシステムの排熱を回収しての熱供給を行っています。自社設備とお客さま設備との複合的・総合的な省エネを追求したシステムであり、大規模コ-ジェネレーション排熱の活用により環境調和型エネルギーコミュニティ事業補助対象となりました。また、電気事業法特定電気事業の要件緩和(域内供給力が、100%から50%以上など)後、第1号の事業許可を取得して2013年7月より特定電気事業を行っています。

※ガスエンジン1,000kW×4台+託送電力4,000kW

大阪シティドーム周辺エリアのスマートエネルギーネットワーク

大阪市の津波災害時の一次避難所である大阪シティドーム(周辺デッキ)を中心に、大阪市消防局・大阪市交通局・災害指定病院(多根総合病院)・大阪ガス保安拠点・データセンターなどが集結し、もともと防災ポテンシャルが高い大阪シティドームが再開発により生まれ変わりました。イオンモール大阪ドームシティ(2013年5月開業)・スーパービバホーム大阪ドームシティ(2013年10月開業)・大阪ガスPR拠点 hu+g MUSEUM(2015年1月開業)の相次ぐ開発が進み、地域熱供給と停電対応ガスコージェネレーションのネットワーク化によるエネルギー分散化・スマートエネルギーネットワーク化を実現しました。

1)メインプラント (2)サブプラント1 (3)サブプラント2 (4)サブプラント3 (5)大阪シティドーム (6)ドームシティガスビル (7)ICCビル (8)地下鉄ドーム前千代崎駅 (9)ローソン (10)大阪市交通局庁舎 (11)大阪市消防局庁舎 (12)多根総合病院 (13)フォレオ大阪ドームシティ (14)阪神ドーム前駅 (15)イオンモール大阪ドームシティ (16)スーパービバホーム大阪ドームシティ (17)hu+g MUSEUM
事業許可 1995年3月31日
供給許可 1996年4月1日
供給区域 大阪府大阪市西区千代崎三丁目ほか
区域面積 135,000m² 2013年3月31日現在
延床面積 272,835m² 2013年3月31日現在

ガスコージェネレーションシステム排熱利用+特定電気事業イメージ

ページトップへもどる

熱供給事業

ソリューション別で探す

業種別で探す

エネルギー簡易診断 エネルギー用語辞典 ワンストップサービス