HOME >  サービス >  熱供給事業 >  神戸ハーバーランド地区

サービス

熱供給事業

神戸ハーバーランド地区

ウォーターフロント開発|天然ガスコージェネレーション

発電能力 2,900kW

神戸ハーバーランド地区

開発計画概要

神戸ハーバーランドは旧国鉄湊川貨物駅跡地を中心とした約23haの地区を対象に「海につながる文化都心の創造」をテーマに神戸市と旧住宅・都市整備公団により新しいまちづくりが計画され、未来型24時間情報都市のインフラ整備の一環として、地域熱供給が導入されました。

システム概要

神戸ハーバーランドエネルギーセンターは神戸ガスビルに設置され、地中埋設された専用洞道により冷水・蒸気を供給しています。また、エネルギーセンターに設置したガスタービン発電機および隣接ビル所有のガスタービン発電機の排熱を受け入れ、エネルギーの有効活用を図っています。

(1)プラント (2)ハウジングデザインセンター (3)神戸クリスタルタワー (4)産業振興センター (5)デュオ神戸地下街 (6)万葉倶楽部 (7)ハーバーランドダイヤニッセイビル (8)高浜モザイク (9)総合教育センター (10)神戸情報文化ビル (11)神戸ガスビル (12)プリコ神戸 (13)地下鉄ハーバーランド駅 (14)ビエラ神戸
事業許可 1987年5月27日
供給許可 1990年5月1日
供給区域 兵庫県神戸市中央区東川崎町一丁目ほか
区域面積 226,000m² 2013年3月31日現在
延床面積 577,801m² 2013年3月31日現在

ページトップへもどる

熱供給事業

ソリューション別で探す

業種別で探す

エネルギー簡易診断 エネルギー用語辞典 ワンストップサービス